2017年4月16日日曜日

No. 251 宇治金時のケーキ



抹茶と小豆の黄金コンビは
ケーキにしてもぶれないおいしさ。

抹茶のきれいな緑色と
小豆あんのほっとする甘さ。

やっぱり和むわあ、これ。



抹茶の量はお好みで。

生地とクリームは甘さ控えめの配合ですが
中の粒あんクリームにある程度の甘さがないと
全体の味がぼやけてしまうので注意。

抹茶が甘味を抑えるので
粒あんは甘めのものが良いです。

手作りなど甘さが控えめの場合は
砂糖を加えて甘さを調節しておきます。





<材料> 直径15cm丸型×1台分

☆スポンジ生地
たまご 2コ
砂糖 大さじ2
薄力粉 35g
抹茶 大さじ1/2~1

☆シロップ
砂糖 大さじ2
水 50mL

☆クリーム
生クリームまたはホイップクリーム 100mL
砂糖 小さじ1

小豆粒あん 100g
※必要に応じて砂糖 適量

☆トッピング用甘納豆(あれば) 適量
今回はうぐいす豆の甘納豆(市販)を使用。





<作り方>


型にオーブンシートをしいておきます。

薄力粉と抹茶を合わせてよくふるいます。



オーブンを180℃に予熱します。




ボールにたまごと砂糖を入れ
しっかりと泡立てます。

泡だて器をそっと垂直に持ち上げて
小さな角が立つまで。




粉類を一度に加えて
へらで底からすくい上げては
切るようにして良く混ぜ込みます。

粉っぽさが消えたらストップ。
 


生地を型に流し入れ
型の下を手のひらで数回たたき
気泡を抜きます。
 



④180℃のオーブンで13分焼きます。

その間にクリームを作ります。
ボールにホイップクリームと砂糖を入れ
8分立てに泡立てます。



別のボールに粒あんをほぐし


そこにクリームの1/2量を加えて
軽く混ぜ合わせます。


※クリームと粒あんは混ぜ過ぎない方が
味も食感も見た目もきれいに仕上がります。

それぞれのボールにラップをかけて
冷蔵庫で冷やしておきます。




スポンジが焼けたら竹串をさして
液状の生地がついてこなければ焼き上がり。

型から網の上などに出して
シートは外さずに
ラップをふんわりかけて
粗熱が取れるまで放置します。


その間にシロップを作ります。

砂糖と水を強めの中火にかけ
砂糖がしっかり溶けるまで沸騰させます。

砂糖が溶けたら火からおろします。





生地の粗熱が取れたらシートを外して
上下二つに切り分けます。


それぞれの上部に刷毛で
シロップを1/2量ずつ塗ります。
 


下の生地の上に
粒あんのクリーム全量をのせ
面全体に均します。
 


上の生地を上下さかさまにして
下の生地の上にのせてから


クリームを全体にぬります。

フォークで模様をつけたり
甘納豆をトッピングしたりして完成。
 

冷蔵庫で1時間ほど冷やして
生地とクリームを落ち着かせてから切り分けます。










姉妹レシピ「さくらのケーキ」もどうぞ。
 http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2017/03/no-241.html


宇治金時味で
パウンドタイプのケーキはこちら。
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/04/no68.html?m=1


宇治金時のパンもどうぞ。
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2016/01/no152.html?m=1



0 件のコメント:

コメントを投稿