2017年5月14日日曜日

No. 261 高菜のレシピ いろいろ






急に高菜が食べたくなって
高菜漬けを買いに行ったら
300g入りの大きいのしかなくて





せっかくだから
いろいろ作りました。

高菜モードになったら
300gもすぐなくなっちゃう。




まずは基本から。

【高菜のしょうゆ炒め】

<材料> 作りやすい分量

高菜漬け 300g
サラダ油 小さじ1/2
しょうゆ 大さじ1/2~1
ごま油 大さじ1
白いりごま 小さじ1

※おしょうゆの量は
高菜漬けの味によって
調節して下さい。



<作り方>

①高菜は洗って絞り
みじん切りにします。

3~5mm角がおすすめ。



②フライパンか鍋を中火にかけ
サラダ油を熱し
高菜を入れて炒めます。


水気がなくなりつやが出たら
しょうゆを入れて炒め
香りが立ったら火を止めます。


ごま油といりごまを加え
全体を混ぜて出来上がり。


ごはんのお供に。


余った分は50gずつラップにくるんで
冷凍しておくと便利です。



さあ、しょうゆ炒めができたら
やっぱりこれ。
これが食べたかったの♪


【高菜めし】

<材料>
あたたかいごはん 
高菜のしょうゆ炒め 

※高菜の量はお好みで。
目安はごはんの15~20%(g)


<作り方>

あたたかいごはんに混ぜ込みます。
練らないように気をつけて
しゃもじで縦に切るようにして
空気を混ぜ込むようにすると
ふんわりと仕上がります。

ごはんの白い色が
ほんのり高菜色になったらできあがり。

おにぎりにしても。





ここからアレンジ。
ソフトなしらすがおいしい。

【しらすと高菜の混ぜごはん】

<材料>小おにぎり×1コ分

あたたかいごはん 80g
高菜のしょうゆ炒め 10g
かまあげしらす 10g


上記材料を混ぜるだけ。
混ぜ方は上記レシピを参考に。




※しらすの代わりに
炒めたちりめんじゃこでもおいしいです。




【高菜入りたまご焼き】

溶きたまご 1コあたりに
高菜のしょうゆ炒め 10gを
混ぜて、焼きます。

薄味なので、お好みで
焼く前にしょうゆを加えるか
焼いた後、しょうゆをつけてどうぞ。



 

 


いよいよ応用。
高菜は豚肉との相性が抜群。
一緒に炒めていろいろ使えます。

【豚肉と高菜の炒めもの】

<材料>
サラダ油 小さじ1/2
豚肉(ひき肉または細切れ) 100g
高菜のしょうゆ炒め 50g

※豚肉:高菜のしょうゆ炒め=2:1(g)

※細切れ肉を使う場合は、小さく切ります。


<作り方>
①フライパンか鍋を中火にかけ
サラダ油を熱し
豚肉を入れて
色が変わるまで炒めます。

今回はひき肉を使用。


②火を止めて
高菜のしょうゆ炒めを加え
全体を良くまぜてできあがり。



このままごはんのお供に。





【豚肉と高菜の混ぜごはん】

あたたかいごはんに
「豚肉の高菜の炒め物」を合わせて混ぜます。

混ぜ方は上記の「高菜めし」を参照。




おにぎりにする時は
ラップを使うと簡単&ラクです。






【豚肉と高菜のパスタ】

ゆであがったパスタに
「豚肉と高菜の炒め物」を合わせ
粉チーズをふります。

合わせる量はお好みで。










【豚肉と高菜のピザ】 直径18cmくらいのもの×1枚分

下焼き後のピザ生地に


しょうゆ 小さじ1/4を全体に塗り


マヨネーズ 大さじ1を全体に塗り


「豚肉を高菜の炒め物」50gを全体に広げて置き


お好みのチーズを全体にのせて


200℃に予熱したオーブンで8~10分焼きます。





 









 【豚肉と高菜のパン】

上記の「ピザ」の作り方で
「ピザ生地」を「パン生地」にかえて
同様に作ります。

成型後、
しょうゆ、マヨ、高菜炒め、
チーズの順にのせて、二次発酵。

生地が1.5~2倍に膨らんだら焼きます。

焼成温度と時間は予熱なし180℃で18分くらい。










【高菜まん】

お好みのパン生地か中華まんの生地に
「高菜のしょうゆ炒め」または
「豚肉と高菜の炒めもの」を包んで
二次発酵させ、蒸気の立った蒸し器で
約8~10分ほど蒸します。




 

 
 写真↑は「豚ひき肉と高菜」です。
 


参考:中華まんのレシピはこちら。
https://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2016/05/no-189.html





更新 20170524



2017年5月10日水曜日

No. 260 いわしのつみれ汁 2種





おいしそうないわしを発見。

見た途端
「あ、つみれ汁だ」と思い
買って帰りました。

お魚のつみれは、ふわっふわで
口の中でほどける食感が好き。

おみそとしょうがを入れるのが私流。
いわしの旨みが素直に味わえます。

昔々は包丁でたたいて
たたいてたたいてたたいて……
すり鉢ですってすってすって……
ずいぶん手間がかかっていたけど
今はフードプレセッサーのおかげで
楽々すぐにできちゃいます。

フードプレセッサーで作ると
空気をたくさん含んでふわふわになって
時間もおいしさも良いとこ取り。

忙しい現代の生活でも
あきらめたくないおいしさがあるから
文明の利器を活用して頑張っちゃう。

そう言えば
祖母の家には大きなすり鉢があって
それを使って何か作る時は
ひとりがすり鉢をおさえて
もうひとりがすりこぎを使うという
大変だけど楽しい作業のひとつでした。

手間をかけて作ると
その分おいしいのも事実。
時間がある時に
ゆっくり作ってみるのも良いですね。

控えめレシピは薄味なので
お好みで調味料を増やして下さい。


【つみれ汁】

<材料>2食分

いわし大3尾(頭と尾を除き、身の長さが10cmくらい)
しょうが(すりおろし、またはチューブ)小さじ1/2
みそ(白、または合わせ)小さじ1/2

水300mL
顆粒だしのもと小さじ1/4
しょうゆ 小さじ1/2

小ねぎ(小口切)適量



<作り方>

①いわしは頭としっぽを落として
内臓と皮を取り
開いて骨を取り
さっと洗って
キッチンペーパーで水気をしっかりと拭き取ります。


2~3cmくらいに切り


フードプレセッサーにかけます。



初めはパラパラした感じですが
だんだん粘りが出てまとまってきます。
必ずここまで↓しっかりとミキサーします。


しょうがとみそを加えて
全体に混ざるまで軽くミキサーします。

小皿やボールに取り出しておきます。
成形しやすいように。





②小鍋に水とだしのもとを入れて
強めの中火にかけます。

沸騰したら
つみれをスプーンですくい取って
ひとつずつ入れていきます。


お好きな大きさで大丈夫です。
私は今回10コ作りました。

再び沸騰したら弱めの中火にして
あくを除きます。

つみれが全て白っぽくなって
浮き上がったら火を止めます。

しょうゆを加えてさっとひと混ぜします。


ねぎを散らして完成。





【つみれのおみそ汁】

<材料>2食分

お好きな根菜 合計50g

いわし大3尾
しょうが(すりおろし、またはチューブ)小さじ1/2
みそ(白、または合わせ)小さじ1/2

水300mL
顆粒だしのもと小さじ1/4
みそ 大さじ2

小ねぎ(小口切)適量
七味(お好みで)


<作り方>

根菜は今回、大根とにんじん。
他に、ごぼうや里芋も合います。
食べやすい大きさ(短冊やささがきがお勧め)に切ります。



上記レシピを参考にいわしのつみれを作ります。

慣れている人はフードプレセッサーにかける前に
鍋にだし汁とお野菜を入れて火にかけて
お野菜に火が通る頃にあわせて
つみれを仕上げるのがベストタイミングです。

難しい場合は無理をせず、先につみれを作ってから
鍋にだし汁とお野菜を入れて火にかけて
お野菜に火が通ってからつみれを入れます。
※その場合、室温が高い時は、つみれをいったん冷蔵庫に入れておきます。

つみれに火が通ったら
火をとめてみそを溶かします。

ねぎをちらし、七味をふって(お好みで)完成。



 


2017年5月7日日曜日

No. 259 シンプルなロールケーキ ハーフサイズ 2種

 

 
 
ふんわりスポンジとクリームだけの
シンプルなロールケーキ。

クリーム少なめでハーフサイズ。

飾らずに
気取らずに
のんびりおっとり過ごしたい
そんなティータイムに
ぴったりのケーキです。





【バニラ】
<材料> 3cm幅×4切れ分(両端を除いて)

☆スポンジ
たまご 2コ
砂糖 大さじ2
薄力粉 35g

☆シロップ
砂糖 大さじ2
水 50mL

☆クリーム
生クリームまたはホイップクリーム50mL
砂糖 小さじ1
バニラエッセンス 少々




<作り方>

①準備

天板の半分の大きさになるように
オーブンシートで型を作ります。

型の大きさの目安は
縦14cm×横23cm×高3~4cmくらい

焼いている間に生地が膨らむので
4つの角を少し内側に傾くように
ホッチキスで止めます。



薄力粉をふるっておきます。



オーブンを180℃に予熱します。



②スポンジを作ります。

ボールにたまごと砂糖を入れてしっかりと泡立てます。
泡だて器をゆっくり上に持ち上げて角ができるまで。



ボールに薄力粉を加え
へらで生地を底からすくい上げるようにしながら


粉が見えなくなるまでしっかり混ぜます。



型に流し入れ、平らに均します。



180℃のオーブンで10分焼きます。



③生地を焼いている間にクリームを作ります。

ボールにクリームの材料を入れてしっかりと泡立て

ラップをかけて冷蔵庫で冷やします。



④生地が焼けたら竹串をさしてみて
液状の生地がついてこなければ焼き上がり。





急に冷やすとしぼんでしまうので
シートを外さずに軽くラップをかけて
粗熱が取れるまで放置しておきます。

生地を冷ましている間にシロップを作ります。

小鍋に砂糖と水を入れて中火にかけ
しっかり沸騰させて砂糖を溶かします。

表面全体に小さな泡が立つまで沸騰させたら火からおろし、
生地が冷めるまで常温に置いておきます。

生地の粗熱が取れて、手でさわれるくらいになったら
シートを丁寧にはがし、生地をひっくり返します。

上になった裏面全体に、はけでシロップを塗ります。


シートごと巻いて(シートも巻き込む)


巻き終わりを下にして置き
この状態で生地が常温になるまで冷まします。

※室温が高い場合は冷蔵庫へ。




⑤生地が冷めたら横向きに広げて
両端それぞれ2cmを残してクリームを塗ります。


生地を縦向きに置き、手前から奥へ巻きます。

シートの上から生地を押さえつつ
シートの端を奥へ押しやるようにして引っ張り
生地をくるりと巻きます。

そのままシートで保護するように包み
巻き終わりを下にして置き


横から見るとこんな↓感じ。


両端をキャラメル包みのように閉じてラップをし


冷蔵庫で30分程冷やし
クリームと生地をなじませます。

両端を落として


3cm幅に切り分けてどうぞ。






【ミルクココア】
<材料> 3cm×4切れ分(両端を除いて)

☆スポンジ
たまご 2コ
砂糖 大さじ1
薄力粉 20g
ミルクココア 15g

☆シロップ
砂糖 大さじ2
水 50mL

☆クリーム
生クリームまたはホイップクリーム50mL
ミルクココア 大さじ1



<作り方>
薄力粉とココアを合わせてふるい
後は上記と同様に作ります。