2015年12月20日日曜日

No.150 中華風蒸魚(清蒸)

↑鯛
 
↓ひらあじ
 
 
 
 
 
 
 

新鮮なお魚は
それだけで
ごちそう。

お魚コーナーで
片手サイズの
新鮮な白身魚を
見つけたら
必ず
作りたくなるのが
これ。

ものすごく簡単なのに
大満足のひと品♪

蒸すと
雑味が全部落ちて
お魚の純粋なおいしさが
味わえます。

ある意味
とてもぜいたくかも。

蒸している間に
他のおかずも作れて
忙しい時でも
ラクラクです。

普段使いの
メニューとしては
シンプルに
酢醤油で
頂くのが一番。


フェンネル(茴香(ウイキョウ))があれば
更においしくなります。
生のフェンネルは
なかなか手に入らないので
スパイスコーナーに置いてある
ホールタイプがお勧めです。




お魚は
タイやイトヨリなど
白身のものを。
イトヨリは
身が柔らかく
蒸すとふわっとして
本当においしいですが
小骨が多いので
慣れている人向け。

連子鯛は
適度に身がしまって
小骨も少ないので
扱いやすいと思います。



<材料>
新鮮な白身魚 1尾(今回はタイ)
長ネギ(白い部分) 5cm×2~3本

※長ネギの代わりにフェンネルでも。
  ホールタイプなら 小さじ1/4~1/2

酢醤油
(醤油:酢=1:1または1:1.5 お好みで)




<作り方>

①蒸し器にお湯を沸かします。


お魚はうろこ、えら、内臓をとり、
きれいに洗います。
おなかの中に膜や血が残っていると
雑味の原因になるので
竹串等できれいに取ると良いです。

お店では
えらと内臓を取ったものが
売られていますが
中の処理は自分で。
また、
うろこも全てとられていないので
頭頂部、頬、背中や腹部のひれの周囲、
胸びれの裏、尾の付け根など
気を付けて取ると良いです。

慣れていない場合は、
お魚の処理が済んでから
お湯を沸かし始めると
良いかもしれません。



お魚のおなかに
長ネギをつめ
顔を左にむけて
蒸気の立った蒸し器に入れ
強火で7分~10分蒸します。

フェンネルを使う場合は、
お魚の上面全体に
ぱらぱらとふりかけて
蒸します。






蒸しあがったら
長ネギやフェンネルを除き
酢醤油をかけて頂きます。
















余裕があれば
新しい長ネギを細切りにして
蒸しあがったお魚にのせ
熱したごま油を
ネギに回しかけると
ちょっと本格的になります。





ひらあじ

















【レンジの場合】

夏の暑い日や
コンロがあかない時は
レンジで簡単に。

平らなお皿より
深さのあるお皿に
長いネギを並べ
その上にお魚をのせます。
お魚のお腹にも
ネギを入れておきます。

ラップをふんわりかけます。
対角線に2か所
空気の逃げ道として
あけておくと良いです。

レンジ500Wか600Wで
7~8分程加熱します。

加熱後、ラップをしたまま
5分程蒸らします。

ラップをはずし
ネギを取って完成。





更新 20160709

 



 







2015年12月19日土曜日

No.149 春餅(チュンピン)
























なぜか突然
食べたくなりました。
本来は
中国で
立春の日
新春のお祝いに
食べるものと
聞いています。

中華料理って
油っこいイメージが
あるけれど
家庭料理は
どの国も同じで
とても食べやすくて
おいしいと思う。

巻くのが
楽しいのも
きっと
世界共通かな。

もちもちの生地で
お野菜やお肉を
巻いて巻いて
みそだれを
ちょっとつけて
ぱくっと……
うん、
これこれ♡


本場の春餅は
直径が20cmくらいの
大きなものが多いですが
私は
小さめに作ります。
食べやすいのと
いろいろな種類の具を
たくさん楽しめるのが
お気に入りです。



<材料>直系約9cm×8枚(二人分)

強力粉 100g
お湯 60~70mL
打ち粉用強力粉 小さじ1+8
ごま油 適量

※甜麺醤風みそだれ
さとう 20g
八丁みそ 30g
水 40g
しょうゆ 小さじ1
ごま油 小さじ1


<作り方>
①みそだれの材料を
良くまぜあわせ、
中火にかけて
ひと煮立ちさせる。
(レンジの場合は
軽くラップをして
500か600Wで
2分加熱し、
良く混ぜる)

器にうつしておく。
冷めると、とろっとします。












②強力粉に
お湯を加え
はしで軽くまぜ
水分がなくなったら


手でおしながら
こねてまとめる。

表面が滑らかになり
(つるつるでなくて大丈夫)
ひとつにまとまればOKay。

ラップで軽く包み
涼しい所で休ませる。
約30分くらい。



夏は冷蔵庫に。


③生地を休ませている間に
具を用意します。

今回は、

☆甘辛牛そぼろ

牛ひき肉 80~100g
砂糖 大さじ1
しょうゆ 小さじ1

フライパンにサラダ油を熱し
牛ひき肉を中火で炒め、
色が変わったら
砂糖としょうゆを加えて
混ぜながら炒め煮にする。


☆うすやきたまご

たまご2コをときほぐし
フライパンに
サラダ油をひいて
中火で熱し
たまごを半量ずつ流し入れ
色良く2枚焼き、
細切りにする。



☆水菜

洗って5cmくらいの長さに切る。



☆その他おすすめ

もやしとささみの塩コショウ炒め

チンゲン菜と細切り豚肉の豆板醤炒め

などなど、
細切りの炒めものが良く合います。



④台かトレイの上にラップをしき
打ち粉小さじ1をふる。
その上に生地を取り出し
8等分して軽く丸める。

打ち粉は一枚に付き
小さじ1を目安にふり、
生地をめんぼうでのばす。

のばした生地の片面に
ごま油をうすく塗り



ごま油を塗った面を合わせて
2枚ひと組にし、
全部で4組作る。


⑤フライパンにサラダ油をうすくひく。
余分な油はキッチンペーパーでふき取る。


2枚重ねたままの生地をひと組入れ
中火で焼く。

上の生地に
透明感が出て色が変わり
うっすらとふくらんできたら
2枚一緒にひっくり返す。
先に焼いた方は
焼き色がついている。

もう片面も焼き色がつくまで焼き
2枚一緒に取り出す。





ごま油を塗った面は焼かない。








⑥お好きな具を
生地にのせて巻き
みそだれをつけて
召し上がれ!




写真を撮るために
つまようじでおさえています。


No.148 黒糖とシナモンのパン














黒糖の優しい甘さと
シナモンの優しい香り。

とっても優しい
ふわふわパンができました。

くるみを入れると
またおいしい。

ほんわか温まりたい
冬に似合うパンです。



<材料> 直径約8cm×6コ

水 110mL
黒砂糖 大さじ2(粉末)
ドライイースト 小さじ1
強力粉 150g
シナモン 小さじ1/2~1(お好みで)
マーガリン 20g
くるみ 20g(あれば)
打ち粉用強力粉 20~30g

※黒砂糖はかたまりなら
すりおろすか細かく刻んで
溶けやすくします。



<作り方>
①くるみはキッチンペーパーの上で粗く刻みます。



冬は沸騰したお湯を用意しておきます。
二次発酵用に200mLくらい。


②レンジ対応容器に
水110mLを入れ
レンジ500Wで40秒~50秒加熱し
約40℃にします。

黒砂糖を加えて良くまぜ、溶かします。

黒砂糖が溶けにくい場合は
レンジ500Wで10~20秒加熱します。


黒砂糖が溶けたら、
ドライイーストを加え、
良く混ぜます。














③強力粉を加え、
はしで軽くまぜます。



半分くらい混ざったら、
ふたをするか軽くラップをして
レンジ200Wで30秒加熱します。
(一次発酵)


④取り出して
強力粉、シナモン、くるみ、マーガリンを加え
はしでしっかりと良く混ぜます。


生地が均一になるまで完全に混ぜます。




⑤生地をへらでボールの中央に丸くよせ、
ふたをするかラップをかけて
二次発酵します。

室温が高い場合はそのままでも良いですが
室温が低い場合は、
生地のボールよりひとまわり大きいボールにお湯をいれ
その上に生地のボールをのせて、温かくします。
ただし、生地のボールの底がお湯に触れないように。

約10分放置すると、
約2倍にふくらみます。
(二次発酵完了)


それ以上ふくらむと
後で焼く時にふくらまないので
ふくらませすぎてもダメです。

その間に洗い物を済ませ
トレイの上にラップをしいて
打ち粉をふっておきます。

天板にオーブンシートをしきます。



⑥打ち粉の上に生地を取り出し
生地の表面全体に打ち粉をまぶします。


ひっくり返して
3~5回折りたたみ、
打ち粉がなじんできたら
へらで6等分して軽く丸めます。




最初にまるめたものから順に
手のひらで押して広げてから丸め直し
閉じ目を下にして
オーブンシートの上に並べます。



※丸め直している間に
生地に弾力が出て
少しずつ膨らんでくるのがベスト。



⑦たっぷり霧を吹いて
予熱なしオーブン100℃で5分加熱します。

そのままドアを開けずに庫内で10分放置。
1.5~2倍に膨らんだら、



再度霧をたっぷり吹いて
予熱なしオーブン180℃で18~20分焼きます。




できあがり~。
 


 
 
 
 
 


 

 

 

 

 

 

 


2015年12月14日月曜日

No.147 厚揚げのステーキ 和風おろしソース





豆腐系が大好きなので
厚揚げもかなりの頻度で
食卓に上ります。

夏は冷やして中華風。

冬は煮ものにしたり
ステーキにしたり。

今日はステーキ。

熱々をはふはふしながら
食べるのがおいしい♪

ここが日本で良かったと
幸せに思えるひと品ですよね。

外はかりっと焼き上げて
中はふんわりふわん。

こんなにおいしいのに
こんなに楽で良いのかと思う。

やっぱり
シンプルが一番と言う事かな。

冬においしくなる大根は
このためにあるのかと思う程
良く合います。

ねぎとしょうがをのせて
あったかソースをかけて
いただきます♡


ところで、
私、
だしのもとは
化学調味料&食塩
無添加を使用しています。




<材料>
絹厚揚げ 
(薄めのステーキ用・油抜き不要がお勧め)

※ソース
だし汁 100mL
(私は水100mL+だしのもと小さじ1/4)
しょうゆ 小さじ1
甘くしたい時は +砂糖(お好みで)
水溶き片栗粉
(水、片栗粉 各小さじ1)


※トッピング
大根おろし
ねぎ
しょうが



<作り方>
①フライパンに
サラダ油大さじ1/2~1をひき
厚揚げを入れ、
ふたをして
強めの中火で
焼き色がつくまで焼きます。

※油抜きが必要な場合は
熱湯をかけて油抜きをし、
キッチンペーパーで
水分を拭きとってから
焼きます。

※基本的には、ふたを開けない事。

私は片面だけ焼くのが好きですが、
(その方がよりふっくらする感じがします)
両面焼く場合は、
へらなどを使って
崩さないように返すと良いと思います。


ぱちぱちと音がして、
香りが立ってきたら
焼けた合図。

火を止めて
そのまま蒸らします。


②焼いている間に、

大根をおろして水分を軽くしぼります。


ソースを作ります。
耐熱容器(私はマグカップを使用)に
だし汁(水+だしのもと)を入れ
レンジ500Wで1分~1分30秒加熱します。
(鍋で加熱するなら、沸騰直前まで温めます。)

しょうゆ、砂糖を加え、軽く混ぜます。

水溶き片栗粉を加えて良く混ぜ、
さらにレンジ500Wで1分加熱します。
(鍋の場合は、弱めの中火でとろみがつくまで)




この分量はとろみが弱めなので
お好みで水溶き片栗粉の量を調節して下さい。


③お好きなトッピングをのせて
ソースをたっぷりかけて
できあがり。




2015年12月12日土曜日

No.146 さばの味噌煮











↑白味噌
↓八丁味噌















新鮮なさばを見つけたら
作りたくなる
和食の定番おかず。

とろとろに煮込んだ味噌の
温かい味わいに
癒されます。



<材料>
さば 1尾
しょうが チューブで約5cm

☆基本の調味
・水 200mL
・しょうゆ 大さじ1
・砂糖 大さじ2
・みそ 大さじ2~3

※おみそは好きなものをどうぞ。
今回は甘いのが食べたかったので
白みそを使用しました。

赤みそや麦みそ、あわせでもおいしいです。






<作り方>

①鍋に霜降り用のお湯を沸かします。


その間に、
さばは1本ならえらや内臓をとり3枚におろして
片身を二つに切ります。

切り身を使ってもOKay。



② お湯が沸いたら、
さばを入れます。
表面全体がうっすら白くなるまで
しっかり目に霜降りします。

さばの臭みを取るためです。

その間に、ボールに☆の調味料を合わせて良く混ぜておきます。





③ さばを取り出し、鍋を洗って
☆としょうがとさばを入れ、
強めの中火にかけます。


④落しぶたをして煮ます。
沸騰したら火を弱め、
弱めの中火で15~20分くらい
焦げ付かないように気をつけながら煮ます。

ポイントは煮ている間触らない事。


できあがり。
 

 


 
 
 
 
 
とても脂ののったさばを
1尾いただいたので
少し辛口の八丁味噌で。
こちらもまた良い味わい。
 
 
更新 20160225
 

No.145 キャロットブレッド



ニンジンが入って
温かみのある
ほんのりオレンジ色。

普段のパンに
何気なく
野菜が入っていると
ちょっと嬉しい。

はちみつをつけたり
中に具をはさんだり
楽しく食べて
元気になりたい
ふんわり優しいパンです。



<材料> 直径約9cm×6コ

ニンジン 1本(70~100g)
砂糖 大さじ1
ドライイースト 3g
強力粉 150g
たまご 1コ
マーガリン 10g

打ち粉用強力粉 30~50g



<作り方>
① ニンジンをすりおろします。



② レンジ対応容器に水50mLを入れ、
レンジ500Wで30~40秒加熱。
約40℃にします。

冬等気温が低い季節は
この後の二次発酵用に
沸騰したお湯を200mL程
用意します。




③ 砂糖を加えて溶かし、
ドライイーストを加えてよく混ぜます。



今回は黒砂糖を使用。



④ 強力粉150gを加え、
はしで軽く混ぜます。



半分程混ざったら
ふたをするか軽くラップをかけて
レンジ200Wで30秒加熱。
(一次発酵)


⑤ 取り出して、
たまご、ニンジン、マーガリンを加え、
はしで良く混ぜます。

生地が均一になるまで良く混ぜます。






⑥ 今は気温が低いので、
お湯を使います。

ひとまわり大きいボールに
二次発酵用のお湯を入れ、
生地の入った容器をのせて
ふたをするか軽くラップをかけて
二次発酵します。

生地のボールの底がお湯につかないように。

※二次発酵の注意※
夏はお湯なし常温で5~10分。
冬はお湯を使って10~15分くらい。

※二次発酵の基本は、生地が二倍に膨らむまで。




※パン作りは時間より温度を優先し、
生地の状態を見ながら進めて下さい。


この間に洗い物を済ませます。

トレイにラップをしき
打ち粉を広げておきます。

天板にオーブンシートをしきます。



⑦ 二次発酵が終わったら、
打ち粉の上に生地を取り出し
生地全体に打ち粉をまぶします。





ニンジンとたまごの水分量により
生地が柔らかくなりやすいので
打ち粉を多く使用します。

打ち粉を加え過ぎると固くなってしまうので
打ち粉は生地のべたつきを避けるのを目的とし
生地の表面につけるようにします。

打ち粉をまぶしている間に
自然にガスが抜けます。


へらで6等分にして丸めます。

最初に丸めたものから順に
手のひらで軽く押して広げ、丸め直し、
閉じ目を下にして
オーブンシートの上に並べます。

たっぷり霧をふきます。


⑧ オーブンに入れ
予熱なし100℃で5分加熱します。

加熱が終わったら
ドアを開けずに
そのまま庫内で10分放置。


⑨ 生地が1.5~2倍に膨らんだら
一旦取り出して再度霧をふきます。






⑩ オーブンに入れ
予熱なし180℃で18~20分焼きます。

お手持ちのオーブンの癖に合わせて
温度と焼き時間を調整して下さい。



焼き上がりました。


 

 


 

 

 

 
 ふんわり。
 



2015年12月6日日曜日

No.144 バナナとニンジンのケーキ



免疫力をアップしたいなあと思ったら
バナナとニンジンの力を借りて。

そのままでもおいしいけれど
ケーキにすると
また違う楽しみに。

ドライフルーツやナッツ、
シナモンをプラスすると
より元気をもらえます。

ノンオイルで甘くない
ヘルシーなおやつ。

甘くしたい時は砂糖を
2~3倍にして下さい。


<材料> 縦7cm×横15cm×高さ7cm
     
バナナ 正味約100g(小1本くらい)
ニンジン 正味約50g
砂糖  50g(甘くする時は100~150g)
たまご 1コ
薄力粉 120g
ベーキングパウダー 小さじ1
 
※お好みで次のものを追加
ドライフルーツ 20~30
ナッツ 20~30
シナモン 小さじ1/2

 

 
<作り方>

 
1 準備をします。

 
① オーブンを180℃に予熱します。


②  型を用意します。
    私はクッキングシートで作ります。
    あるものを活用しましょう。


③  材料の下準備をします。

粉類を合わせてふるいます。
シナモンを加える場合は、ここで一緒に。



ドライフルーツを加える場合は
ぬるま湯で戻して軽く絞ります。

ナッツを加える場合は
粗く刻みます。



ニンジンをすりおろします。

バナナをフォークでつぶします。


④ ボールにたまごと砂糖を入れてよく混ぜます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は黒砂糖を使用。
お好きな砂糖でどうぞ。
 
⑤ バナナとニンジンを加えてよく混ぜます。
 
ドライフルーツやナッツを入れる場合は、
ここで加えてよく混ぜます。
 
 
⑥ 粉類を加えて、へらで切るように混ぜます。
混ぜ過ぎないように。


⑦ 型に入れ、180℃で30~40分焼きます。
途中焦げそうな時はアルミホイルをかぶせます。

竹串をさして何もついてこなければ焼き上がり。

⑧ 粗熱が取れたら、型からはずし、
ラップで包んで冷まし、
好みの大きさに切り分けます。