2013年1月20日日曜日

No. 94 ふっくらピザ(イーストピザ)




 

 












ふっくらと厚みのあるピザは
生地そのものの味わいも楽しめて
食べごたえも十分。

好きな具をたくさんのせて
できたての熱々を
ぱくっとほおばると
小麦粉のほのかな甘みに
具材とチーズが重なって
とってもおいしい。

その時の気分で
生地の厚みを変えて。
エッジを大きくして中央を薄くしたり
全体を平らにしてフォカッチャ風にしたり。

具材は冷蔵庫にあるものでOkay。
せっかくの手作りだもの。
なんでも好きなものをトッピングしましょう♪

トマト、オニオン、ピーマン、ポテト、きのこ
ハム、ベーコン、ウインナー、照り焼きチキン
シーフード、ツナ、たらこや明太子
などなど。

ああ、ピザっていつも
迷ってしまいますね。

冬は
ホワイトソースでグラタン風にしたり。

夏は
焼いたあとに生野菜をのせると
サラダ風でさっぱりして
これまたおいしいです。

今日は2種類をアップします。


※レンジ発酵パンの注意点は、レシピNo. 10ココアパンを見て下さい。



<生地の材料>直径約20cm×1枚または約14cm×2枚

水 85ml
さとう 小さじ2
ドライイースト 小さじ1/2
強力粉 100g
しお ひとつまみ

打ち粉(薄力粉または強力粉) 大さじ1~2
発酵用のお湯 500mlくらい


<作り方>
1 レンジ対応容器に水を入れ、 約35~40℃に加熱します。

 冬ならレンジ500Wで20~30秒くらい。(時間ではなく、温度を重視して下さい。)

2 さとうを溶かしてから、イーストを加え、よく混ぜます。



3 強力粉と塩を加え、はしでぐるぐると混ぜ、液体が見えなくなったくらいでストップ。かなり粉が残っている状態です。


  ふたをのせるか軽くラップをして、レンジ200Wで20秒加熱します。

4 取り出して、はしで良く混ぜ、全体がひとつにまとまるようになったら、中央に丸く整え、


  温かくして約10分休ませます。(冬は80~100℃のお湯に容器ごと浮かべます。)
  (夏は常温または40~50℃のお湯)


  オーブンを160℃に予熱します。

  天板かターンテーブルにオーブンシートをしいておきます。

5 生地が1.5倍くらいに膨らんだら


  打ち粉をしながらオーブンシートの上に取り出し、中央から外側へ押しのばして広げます。

  エッジにフォークでひっかくようにしてしっかり穴をあけます。





6 160℃で10分下焼きします。

   
  その間に具材を準備します。



7 焼けたら取り出し、 オーブンを230℃に予熱します。




  生地にソースや具材をのせて、 230℃で10~13分焼きます。



※ 生地は下焼き後、冷凍保存できます。



【ベーコンとたまごのピザ】













<具材>20cm×1枚分
ピザソース 好みの量
ベーコン 1枚
たまご 1コ
チーズ 40g

<作り方>
たまごを半熟のスクランブル状にしておきます。

※レンジの場合は、陶器の器に割りほぐし、水を大さじ1/2加えて、レンジ500Wで1分加熱します。

ベーコンを1cm幅に切ります。

下焼きした生地にソースを塗り、ベーコンとたまごをのせ、チーズをのせて焼きます。






【マヨコーン】

<具材>20cm×1枚分
コーン 100g
マヨネーズ 50g
塩・こしょう 少々
チーズ 40g

<作り方>
コーンとマヨネーズ、塩コショウをあわせて混ぜ、下焼きした生地の上にのせ、チーズをのせて焼きます。






  
更新 20140315






2013年1月14日月曜日

No. 93 ソフトフランス&ベーコンエピ

 




 


 
 
 

ぱりぱりおいしい
本格的なバゲットは
ちょっとむずかしいけど
ソフトフランスなら
簡単にできます。

ちょっとだけ
かみごたえのあるパンが
食べたくなったらこれ。

この生地で
たまに
ベーコンエピなんかも。

中に
チーズやポテト
オニオンやペッパーなど
加えたりすると
オリジナルの味も楽しめます。

手作りならではの
自分だけのパンを
おいしく頂きましょう♪


※レンジ発酵パンの注意点は、レシピNo. 10ココアパンを見て下さい。


<材料>約12cmのミニサイズ×6本

水 110g
さとう 小さじ1
ドライイースト 小さじ1
強力粉 150g
スキムミルク 10g
塩 ひとつまみ

発酵用のお湯または水 約500ml (今回は水を使用)
打ち粉(薄力粉または強力粉)大さじ1~1.5


<作り方>
1 レンジ対応容器に生地用の水を入れて、約35~40℃に加熱します。
  冬ならレンジ500Wで50秒くらい。 (加熱時間ではなく、温度を重視して下さい。)

2 さとうを加えてとかしてから、イーストを入れてよく混ぜます。



3 強力粉、スキムミルク、塩の順に入れていき、 (塩はイーストの発酵力を弱めるので、最後にまざるようにします。)  (フランスパン生地では、発酵をおさえるため、塩を必ず粉と一緒に入れて下さい。) はしでぐるぐると数回まぜ、半分くらい混ざったら (液体がやっとなくなるくらいまで)、


  ふたをのせるか軽くラップをして、 レンジ200Wで、冬は30秒、夏は20秒、加熱します。

  
  この間に、発酵用のお湯の準備をします。
  使っている容器より一回り大きい別の容器に水を500mlくらい用意します。

4 生地の容器を取り出して、入れ替わりに発酵用のお湯にする水をレンジに入れ、冬なら80~90℃に加熱します。冬なら500Wで5分くらい。夏なら50~60℃で大丈夫です。

  その間に、生地を今度はよく混ざるまで混ぜます。

  レンジから出した生地は見た目変わっていませんが、ちゃんと発酵の準備をしているので大丈夫。


  水分の少ない生地なので、初めははしで混ぜ、 ひとかたまりになったら、手で混ぜます。



  こねる必要はありません。

  親指で、周囲から中へ押し込むようにしてまとめ、




  表面がかわいてきたら丸く整えます。




5 お湯の容器の上に生地の容器を重ねて、 ふたをのせるか軽くラップをして、約10分休ませます。 (生地が1.5~2倍に膨らむまで) (時間ではなく、大きさを重視して下さい。)
  (膨らみが足りない場合は、冷めたお湯を減らして温かいお湯を足し、発酵させます。)
 

6 その間に成形の準備をします。
  トレイか台の上にラップをしき、打ち粉を広げておきます。


  天板かターンテーブルにオーブンシートをしいておきます。

7 生地が約1.5~2倍に膨らんだら


  打ち粉の上に取り出します。
  生地の裏が網目状に発酵していたらOKay。


  乾いている方を上にして
  手でゆっくりおさえて広げます。
  (直径約15~18cm)



8 ゴムべらで6等分にします。


  三角の縁を中に折り込み、


  つまんでしっかり閉じます。


  とじ目を下にして置いておきます。




9 6個とも丸めたら、
  先に丸めたものから順に手でおさえて広げます。



  手前からきつめに巻いていき、


  とじ目を一直線にしっかりつまんで閉じます。


  とじ目を下にしてオーブンシートに並べます。


  

10 包丁で深く切り込み(クープ)を入れます。
   切ったらクープはすぐ自然に開きます。
   切り口を手で触らないようにしましょう。



  

11 たっぷり霧をふいて、予熱なしのオーブンに入れ、100℃で加熱します。冬は5分を2~3回(合計10~15分)、 夏は5分くらい。

   5分毎に一度開けて霧を吹きたします。(表面が乾燥しないように)

  生地が約2倍に膨らむまで。


12 生地が約2倍に膨らんだら、そのまま続けて(庫内100℃の状態で・予熱なしで)
   
   オーブン180℃にセットし、15~18分、 好みの焼き色がつくまで焼きます。











【ベーコンエピ】
<材料>
上記の生地の材料と
ベーコン3枚→1/2枚を6本分用意

<作り方>
1 上記の作り方で1~8まで同様に。

2 丸めた生地を手でおさえて少し横長に広げ、 ベーコンをのせて


  上下の生地をベーコンを包むように折り曲げます。



3 ベーコンごと二つ折りにします。



4 しっかりつまんで一直線に閉じます。


5 とじ目を下にしてオーブンシートの上に 並べます。

6 はさみで、4か所、ななめ下に深く切り込みを入れ



  交互に枝を広げて成形します。



7 霧をたっぷりふいて、 後は記の作り方の11~12と同様に作ります。











更新 20140315

   
   

2013年1月11日金曜日

No. 92 マドレーヌ 3種

 

 
 
 
 

 

おやつケーキの定番
マドレーヌ。

シェルの形が
とっても愛くるしい
このケーキは
二つに割ったとき
ほっくりと割れる
やわらかさが
お気に入り。

はちみつをたっぷり入れると
甘い香りとしっとり感が増して
たまりません。

マドレーヌは
作り方はとてもシンプルなのに
やきたてのふわふわと
翌日のしっとりと
2つのおいしさが楽しめる
うれしいケーキです。

お気に入りの
コーヒーや紅茶と
一緒にどうぞ。








<プレーンマドレーヌの材料>4cm×8cmのシェル型×6個分

      マーガリン 25g
        たまご 1コ
        さとう  10g(甘くする時は20~40g)
      はちみつ  15g
       薄力粉  40g
 アーモンドプードル 20g
ベーキングパウダー 小さじ1/4
お好みでバニラエッセンス 3~4ふり



<作り方>
準備
シリコン型を使う場合はそのまま。
ブリキ型を使う場合は、マーガリンを薄く塗って薄力粉を振り、冷蔵庫で冷やしておきます。



1 マーガリンを耐熱容器(陶器のお皿推奨)に入れて
  軽くラップをかけ、
  レンジ500Wで10~15秒加熱して溶かし、
  常温で冷ましておきます。





2 オーブンを170℃に予熱します。

3 粉類をあわせてふるっておきます。

4 ボールにたまご、さとう、はちみつをいれ
  よく混ぜ合わせます。

 ※ はちみつが底にたまりやすいので注意。

  なめらかに混ざったら
  溶かしたマーガリンを加えてよく混ぜます。
 
  バニラエッセンスを加える場合はここで。





5 粉類を加えて、底からすくっては切るように
  へらを動かして、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。





  全体が均一にまざるように。
  ただし、練らないように。




6 型の7~8分目まで入れ
  170℃のオーブンで15分焼きます。





 ※ 焼き時間はオーブンによって異なりますので
   様子を見ながら焼いて下さい。

  170~180℃でまずは13分焼き、足りなければ、
  あと2~3分追加すると良いと思います。















  

<ココアマドレーヌの材料>4cm×8cmのシェル型×6個分

      マーガリン 25g
        たまご 1コ
        さとう  10g(甘くするときは20~30g)
      はちみつ  15g
       薄力粉  20g
     ミルクココア 20g
 アーモンドプードル 20g
ベーキングパウダー 小さじ1/4

<作り方>
粉類にココアが加わります。
あとはプレーンと同様に作ります。














<抹茶マドレーヌの材料>4cm×8cmのシェル型×6個分

      マーガリン 25g
        たまご 1コ
        さとう  10g(甘くするときは20~40g)
      はちみつ  15g
       薄力粉  35g
        抹茶   5g
 アーモンドプードル 20g
ベーキングパウダー 小さじ1/4


<作り方>
粉類に抹茶を加えてふるい、
あとは同様に作ります。












更新 20170422