2013年12月30日月曜日

No. 103 カルボナーラ


















パスタってすごいですね。
日本のごはんと同じで
いろいろなバリエがあって。

子どもの頃から
ミートソースや
ナポリタンは定番。

そして大人になってから知った
カルボナーラ。

初めて食べたカルボナーラは
生クリームたっぷりだったけど
いろいろ調べて
私の一番のお気に入りは
これ、ローマ風になりました。

何年も作っているけど
飽きないおいしさ。

たまご・チーズ・ベーコン・こしょうだけ。
牛乳も生クリームも不使用。

あっさりめが食べたい時は
具材をパスタの半量で。
濃厚が食べたい時は
具材を多めで。


シンプルなのに
まったりした食感と濃厚な味わい。

ひとくち目から
思わず笑顔になります。

高級な食材を使って
リッチな味も良いけど
やっぱり
普通の食材でできる
家庭の味が最高。

カルボナーラって
日本でいうと
たまごかけごはん
かな?

さて
このレシピは
時間勝負です。

カルボナーラは
あつあつではありません。
でも
すっかり冷めても残念だから
しっかり準備して。

サラダやお茶などは
先に用意しておきましょう。
でも
このカルボナーラは
途中ではしがとまらないので
(フォークがとまらないというべき?)
他のおかずは
後で食べることになるかも?

材料を全部量って
道具を用意して
あ、
お皿を温めておくのを忘れずに。
さあ、
準備ができたら
Let's start!


<材料>

パスタ 50g
ベーコン 25~40g
粉チーズ 25~40g
たまご 1コ(小さめ)
粗挽き黒こしょう 適量(ちょっと多いかな?というくらい)

ベーコンを炒めるオイル 大さじ1/2くらい
塩(必要に応じて)

※粉チーズの塩分によって出来上がりの味が異なるので、お好みで塩を調整して下さい。

※ パスタは普通一人分100gと言われます。

※ たまごは小さめ(M以下)がおすすめ。Lサイズで作る時は、粉チーズを多めに入れると良いです。基本的には、たまごの重さと同じ重さの粉チーズ・ベーコンで作ります。

※ ベーコンは、ぜひ厚切りまたはブロックで。

※ オイルは、オリーブオイルがおすすめですが、あるもので。


<作り方>
① パスタをゆではじめます。

レンジなら、500mLの水に入れて、500Wで10分。
鍋なら、沸騰してから入れて、7~8分。袋に書いてある通りに。

袋に書いてあるゆで時間で。


② パスタをゆでている間に、ソースを作ります。
  ボールにたまごとチーズと黒こしょうを入れ、はしでよ~く混ぜて(とろりとするまで)、常温に置いておきます。※夏は涼しいところに。

※さらさらになった場合は、たまごが多かったかも。粉チーズを足して。



③ ベーコンを5mm×3cmくらいに切ります。
  フライパンか鍋にオイルを入れ、ベーコンを入れて、中火にかけ、じっくりとベーコンに焼き色がつくまでしっかり炒め、うまみを出します。(あまりさわらず、途中、2~3回はしで転がす程度)


④ ベーコンが良い具合に焼けて来たら、そろそろパスタがゆであがる頃。
  パスタのゆで汁大さじ1をベーコンに加え、すぐに(じゅわっと泡立ちます)火からおろします。
 


⑤ 鍋しきの上にベーコンの鍋(フライパン)を置き、はしでよく混ぜ、ゆで汁とベーコンのオイルをなじませます。(手早くさっと)



⑥ パスタを入れて混ぜ、ベーコンオイルの色が全体にまわったら



⑦ ソースを加えます。
  ソースは、鍋肌につかないよう(いり卵になってしまうので)パスタの中央に加えてから、全体をすばやく混ぜます。予熱ですぐにたまごとチーズが乳化し、手ごたえが重くなったら、できあがり。




⑧ 温めておいたお皿にもりつけて完成。














20140125 更新

0 件のコメント:

コメントを投稿