2013年9月26日木曜日

No. 99 栗の和菓子 3種

↑栗きんとん
  























↑栗の練りきり


 
  ↑栗だいふく

友人から栗を頂いたので
秋ならではの味覚を堪能。

新鮮な栗は
とってもほくほくしていて
本当においしい。

甘い栗の香りが
1年ぶりの懐かしい秋の気配を
いっそう濃くします。

白あんを作る時間がなかったので
今日はお手軽な簡単白あんもご紹介。

久々のレシピアップなので
いろいろ詰め込みました。

<栗のゆで方>
① 栗は洗ってたっぷりの水に1~2時間つけます。
② なべに栗の体積の約3倍の水を入れて沸騰させます。
③ 沸騰したら、栗を入れ、ふたをせず、中火で約1時間ことことと煮ます。
④ 火を止めて、そのままお湯が冷めるまで自然放置。
   これであくが抜けるので、冷めたら、きれいな水で洗って完成。



【簡単白あん】
<材料>
市販の白花豆の煮もの

※今回は、130gで約100円の小さいパックを使用しました。


<作り方>
① 煮豆を水で洗って、余分な糖分を取り除きます。
  (私は市販品の甘さが苦手なので、洗いますが、気にならない場合は洗わずにそのままでもよいかも)

写真は、洗う前の状態。


② フォークの背でつぶし、なめらかにして完成。
  (余裕があれば、FPやうらごしでも)





【栗だいふく】
<材料>
ぎゅうひ レシピNo. 3(6等分にする)
白あん 100~120g(6等分にする)
ゆで栗 6粒(皮をむいて)

<作り方>
① 栗を白あんで包みます。
  ラップを使うと簡単にできます。
  白あんの上に栗を置き、押し込むようにするのがコツ。






② ぎゅうひで①を包んで完成。




【栗の練りきり】
<材料>
白あん 100g
ぎゅうひ レシピNo. 3 10g(白あんの10%)
ゆで栗  皮をむいて 50g(白あんの50%)



<作り方>
① 栗はジャムナイフなどでつぶしなめらかにします。




② 白あんにぎゅうひを練、練りきり生地を作ります。

③ 練りきり生地に栗を加え、よく練りこみます。








④ 好みの色づけや成形をして完成です。



今回は、色付けなし、成形もまるめて一部へこませただけの素朴な練りきりです。




【栗きんとん】
<材料>
ゆで栗(皮をむいて)100g
さとう 20g
塩 ひとつまみ

トッピング用ゆで栗(皮をむいて) 7片
※なくても可。
※お好みの大きさで大丈夫ですが、1片は約1/4~1/2程度。


<作り方>
①ゆで栗・砂糖・塩をあわせて木べらでよくすり混ぜる。


②なめらかに練ります。
※時間があれば、鍋で火にかけながら練ると、より風味豊かになります。
※栗の粒を残したくない場合は、裏ごしします。



③ラップに約20gずつ取り、絞って形を整え、トッピングの栗をのせて軽くおさえて出来上がり。






0 件のコメント:

コメントを投稿