2013年1月14日月曜日

No. 93 ソフトフランス&ベーコンエピ

 




 


 
 
 

ぱりぱりおいしい
本格的なバゲットは
ちょっとむずかしいけど
ソフトフランスなら
簡単にできます。

ちょっとだけ
かみごたえのあるパンが
食べたくなったらこれ。

この生地で
たまに
ベーコンエピなんかも。

中に
チーズやポテト
オニオンやペッパーなど
加えたりすると
オリジナルの味も楽しめます。

手作りならではの
自分だけのパンを
おいしく頂きましょう♪


※レンジ発酵パンの注意点は、レシピNo. 10ココアパンを見て下さい。


<材料>約12cmのミニサイズ×6本

水 110g
さとう 小さじ1
ドライイースト 小さじ1
強力粉 150g
スキムミルク 10g
塩 ひとつまみ

発酵用のお湯または水 約500ml (今回は水を使用)
打ち粉(薄力粉または強力粉)大さじ1~1.5


<作り方>
1 レンジ対応容器に生地用の水を入れて、約35~40℃に加熱します。
  冬ならレンジ500Wで50秒くらい。 (加熱時間ではなく、温度を重視して下さい。)

2 さとうを加えてとかしてから、イーストを入れてよく混ぜます。



3 強力粉、スキムミルク、塩の順に入れていき、 (塩はイーストの発酵力を弱めるので、最後にまざるようにします。)  (フランスパン生地では、発酵をおさえるため、塩を必ず粉と一緒に入れて下さい。) はしでぐるぐると数回まぜ、半分くらい混ざったら (液体がやっとなくなるくらいまで)、


  ふたをのせるか軽くラップをして、 レンジ200Wで、冬は30秒、夏は20秒、加熱します。

  
  この間に、発酵用のお湯の準備をします。
  使っている容器より一回り大きい別の容器に水を500mlくらい用意します。

4 生地の容器を取り出して、入れ替わりに発酵用のお湯にする水をレンジに入れ、冬なら80~90℃に加熱します。冬なら500Wで5分くらい。夏なら50~60℃で大丈夫です。

  その間に、生地を今度はよく混ざるまで混ぜます。

  レンジから出した生地は見た目変わっていませんが、ちゃんと発酵の準備をしているので大丈夫。


  水分の少ない生地なので、初めははしで混ぜ、 ひとかたまりになったら、手で混ぜます。



  こねる必要はありません。

  親指で、周囲から中へ押し込むようにしてまとめ、




  表面がかわいてきたら丸く整えます。




5 お湯の容器の上に生地の容器を重ねて、 ふたをのせるか軽くラップをして、約10分休ませます。 (生地が1.5~2倍に膨らむまで) (時間ではなく、大きさを重視して下さい。)
  (膨らみが足りない場合は、冷めたお湯を減らして温かいお湯を足し、発酵させます。)
 

6 その間に成形の準備をします。
  トレイか台の上にラップをしき、打ち粉を広げておきます。


  天板かターンテーブルにオーブンシートをしいておきます。

7 生地が約1.5~2倍に膨らんだら


  打ち粉の上に取り出します。
  生地の裏が網目状に発酵していたらOKay。


  乾いている方を上にして
  手でゆっくりおさえて広げます。
  (直径約15~18cm)



8 ゴムべらで6等分にします。


  三角の縁を中に折り込み、


  つまんでしっかり閉じます。


  とじ目を下にして置いておきます。




9 6個とも丸めたら、
  先に丸めたものから順に手でおさえて広げます。



  手前からきつめに巻いていき、


  とじ目を一直線にしっかりつまんで閉じます。


  とじ目を下にしてオーブンシートに並べます。


  

10 包丁で深く切り込み(クープ)を入れます。
   切ったらクープはすぐ自然に開きます。
   切り口を手で触らないようにしましょう。



  

11 たっぷり霧をふいて、予熱なしのオーブンに入れ、100℃で加熱します。冬は5分を2~3回(合計10~15分)、 夏は5分くらい。

   5分毎に一度開けて霧を吹きたします。(表面が乾燥しないように)

  生地が約2倍に膨らむまで。


12 生地が約2倍に膨らんだら、そのまま続けて(庫内100℃の状態で・予熱なしで)
   
   オーブン180℃にセットし、15~18分、 好みの焼き色がつくまで焼きます。











【ベーコンエピ】
<材料>
上記の生地の材料と
ベーコン3枚→1/2枚を6本分用意

<作り方>
1 上記の作り方で1~8まで同様に。

2 丸めた生地を手でおさえて少し横長に広げ、 ベーコンをのせて


  上下の生地をベーコンを包むように折り曲げます。



3 ベーコンごと二つ折りにします。



4 しっかりつまんで一直線に閉じます。


5 とじ目を下にしてオーブンシートの上に 並べます。

6 はさみで、4か所、ななめ下に深く切り込みを入れ



  交互に枝を広げて成形します。



7 霧をたっぷりふいて、 後は記の作り方の11~12と同様に作ります。











更新 20140315

   
   

0 件のコメント:

コメントを投稿