2012年2月28日火曜日

No. 43 ウインナーロール
















お惣菜パンは
いろいろありますが

手間なく
簡単にできるのは
ウインナーロールですね。


<材料> 直径約8cm×6コ

レシピNo. 42のシンプルなパンの材料×1

好きなウインナーソーセージ 6本
(今回は約6~8cmのあらびきソーセージ)



<作り方>
1 レシピNo. 42のシンプルなパンの作り方を参照して
  1回目の丸める作業まで行います。


2 先に丸めた生地からひとつずつ
  やさしくおさえてガス抜きをし
  両手のひらでころがすようにして
  生地を細長くのばします。



3 ウインナーに生地を巻き付けます。




  巻き始めと巻き終わりは
  付近の生地と離れないように
  つまんでしっかりととじます。

  クッキングシートに間隔をあけて
  並べます。




4 生地とシートの上にたっぷりと
  霧をふいて
  予熱なしのオーブン100℃で5分
(夏の暑い時は3分。)

  そのままドアを開けずに庫内で10分放置します。


5 いったん取り出して再度霧をふき
  予熱なしのオーブン180℃で18分焼きます。




6 焼けたら金網の上に取り出して冷まします。




ウインナーロールにはやっぱり
ケチャップとパセリですねー。

なんといっても
できたての熱々がおいしくって
思わず(#^.^#)




更新 20140315

No. 42  シンプル パン


日々の食事用に作る
一番シンプルなパンです。
カロリーも糖分も控えめで
塩分・油脂分の追加はゼロ。
生地は小麦粉の味だけなので
はちみつなどをつけて食べることが多いです。

 


カロリー控えめで
味もシンプルなので
フィリングを入れたり
ジャムやクリームを塗ったり
惣菜パンにしても大丈夫。

その時の体調等によって
フィリングや形を
好きにアレンジします。

後に
バリエをのせています。

そしてやっぱり
こねずに短時間でできるいつもの方法。
作り方もシンプルなパンです。
最速45分で食べられる簡単レシピです。


※レンジ発酵パンの注意点は、レシピNo. 10ココアパンを見て下さい。
 

 
<材料> 直径約8cmのパン6コ

      水 110ml
       さとう  大さじ1
  ドライイースト  小さじ1
    強力粉 150g

打ち粉用強力粉 大さじ1


※ ソフトなパンが食べたい時は、強力粉100g+薄力粉50gのブレンドにして、170℃で焼きます。

※ 食パン(1斤)には
  水 180ml
  さとう 大さじ1.5
  イースト 小さじ1強(1と1/4くらい)
  強 250g(ソフトは強165g+薄85g)
  打ち粉(強でも薄でも可)大さじ2~3。

  
  食パンの作り方は レシピNo.51を参照して下さい。  
   

 

  


 
<作り方>

1 レンジ対応容器に、水 110mlを入れ、レンジ500Wで50秒。
(これは冷蔵庫から出したての冷たい浄水を使う場合です。夏の暑い時に水道水を使う場合は加熱10秒または加熱不要です。時間ではなく温度を重視して下さい。30℃後半になっていれば十分です。)

  ここで約35~40℃(お風呂のお湯くらい)に。
  私は、小指の先をちょっと入れて確認します。
  温度が低すぎても高すぎても、イーストが働かないので注意です。


 
2 さとう大さじ1を入れ、はしでまぜて溶かします。(さとうは、イーストの栄養です。)


 
3 イーストを入れ、はしでぐるぐる混ぜます。


4 強力粉を加えます。
  ふるう必要はありません。

  私は、容器ごとはかりにのせて粉類を入れています。


 
5 中心部をぐるぐるとはしで混ぜてから、まわりをくずすように混ぜ合わせます。

  ここで混ぜすぎないように気を付けて。

  約7~8割くらいまざったらストップ。液状の水分が見えなくなるまで。粉がかなり残っていますが、大丈夫。

 


  ふた又は軽くラップをかけてレンジ200Wで30秒。(夏の暑い時は10~20秒)容器の底を手のひらで触って、ほんのり温かいと感じる程度。

 
6 一見何も変わっていません。

  ここで全体をムラなくしっかり混ぜます。
  はしを握りこみ、ぐるぐるとまぜると、グルテンが出やすくなります。


  へらや泡立て器では、せっかくのグルテンが切れてしまうので、はしがおすすめです。混ぜにくい場合は、手でこねるように混ぜても良いです。

  ここでよく混ぜて、生地が均一になると、おいしいパンになります。 

 
7 よく混ざったら、ゴムべらか手で生地を容器の中央に丸く集め、(乾燥しにくく、発酵しやすくなります。)

 


  容器の側面についた生地は指先でこするようにすると 簡単にまとまってとれます。

  ふた又は軽くラップをして5分放置。冬気温が低い時は、70℃以上のお湯をボールに張り、容器の底がお湯につかないようにして、ボールの上に容器をのせると良いです。(ベンチタイム

 
8 この間に、次の準備をします。

  天板(又はターンテーブル)にクッキングシートを敷きます。

  トレイ(又はのし台)にラップを約30cm敷き、(後片付けをラクにするのと、打ち粉を節約するためです。)打ち粉の半量を直径約12~15cmに広げておきます。

 

9 生地はひとまわりふくらんでいます。
  ゴムべらか手で、打ち粉の上に取り出します。

 

  生地の上に残りの打ち粉をふり、優しくおさえながら(ガス抜き)直径約12~15cmに広げます。

 

10 包丁かゴムべらを、引かずに上から押して、生地を6等分し、それぞれ丸めます。


   縁を中へ織り込み、しっかりつまんで閉じます。

   ↓

 


 
11 生地をひとつずつ再度押さえ(ガス抜き)10の方法で、丸め直します。

 



 ※ フィリングを入れるときはここで包みます。

   閉じ目を下にして、間隔を開けて、(約2倍にふくらむので、注意です。) クッキングシートの上に並べます。



12 たっぷりと霧を吹き、


   予熱なしのオーブン100℃で5分。(2次発酵)(夏の暑い時は3分。)

 
   そのまま、ドアを開けず、庫内に10分放置。

13 いったん取り出して、再度 霧を吹きます。



14 予熱なしのオーブン180℃で18分。
   焼いている間に、さらにふくらんできます。


 
15 焼きあがったら、網の上にとりだして、あら熱をとります。



   すぐに食べない時は、一つずつラップにつつんで常温で1日。

   それ以上なら、さらにフリーザーパックに入れて冷凍します。

   解凍は、自然解凍か、 凍ったままで1コならレンジ500W20秒くらいでふわふわが復活します。

いろいろなバリエを楽しんで。


ごまと粉チーズを入れて。




レーズンを入れて。



くるみを入れて。



【アレンジ】

レーズン食パン

レーズンをたっぷり巻き込んで、パウンド型で焼きました。




更新 20140315

2012年2月24日金曜日

No. 41  シュークリーム














シュークリーム。

たまにどうしても
食べたくなります。

レンジを使えば
簡単に楽にできるので
カスタードから作り始めて
1時間以内には食べられます。

焼きたてのさくさくシューに
好みの甘さのカスタを
たっぷりつめてほおばると
もう・・・とろける幸せです。



<材料> 直径約6cm×6コ

マーガリン 25g
    水 40g(40ml

薄力粉 30g
たまご 50gM1コ)

好みのフィリング
 カスタードクリーム(レシピNo. 34にあります。)
 ミルククリーム
 生クリーム
 ジャムなど


<作り方>

1 マーガリンと水をレンジ対応容器に入れ

 ふたをして(沸騰するのでとびはね防止)
 レンジ500Wで2分30秒加熱します。

 ふたの代わりにラップをする場合は
必ず隙間を作って、余裕をもたせます。

 必ずぐつぐつ沸騰させるのがポイントです。
 加熱している間、はじける音がします。




2 1の間に薄力粉を計ります。
  余裕があれば、たまごを割っておきます。
  薄力粉はふるわなくても大丈夫ですがお好みで。




3 1を取り出し
湯気が熱いので気をつけて!



  2の薄力粉を一気に加え
  へら(耐熱)でまぜます。



  粉っぽさがなく色が均一になったら
  レンジ500Wで30秒加熱します。
  このときはふたは不要です。

  その間に、たまごをといておきます。





4 3を取り出したら
  オーブンを180℃に予熱します。

  生地をへら等でよくまぜて色が均一になったら
  ときたまごを加えてよくまぜます。




  白みそくらいのかたさが目安です。
  一般的なレシピより固めです。




5 天板またはターンテーブルの上に
 クッキングシートを敷き
 スプーン等で生地をのせて行きます。

 表面はつるんとせず、
 ぼこぼこにラフにすると
 シュークリームらしい
 きれいな仕上がりになります。



6 生地とシートの上に霧をふいて
  180℃で30分焼きます。

  途中で絶対に開けないことがポイント。

  途中で開けるとしぼんでしまいます。




7 焼けたら

  ↓ きれいにふくらんだシューを見ると
    幸せ・・・(*´∀`*)
  あら熱が取れるのを待つ間に
  フィリングをしぼりだし袋につめます。


  好きなフィリングをつめ



  お好みで粉糖を茶こしでふって
  出来上がりです。




※ レシピNo. 39
  搾り出し袋に生地をつめる方法を
  のせていますので、
  よかったら参考にして下さい。




レシピNo. 50のエクレアもどうぞ。

2012年2月19日日曜日

No. 39 しぼりだし袋につめる方法


しぼりだし袋に
生クリームや生地をつめる時
こうすると
簡単に、手や袋を汚さず、
つめることができます。


皆さんも、こうしているのかな?


袋に口金をセットしてから
大きめのカップに入れ


袋でカップを覆うように
袋を折り返します。


そこへ生クリームや生地を
ヘラ等で入れ
(写真はカスタードクリームです。)

 

袋を元に戻して先まで
中身を押し出したら
完成です。

2012年2月17日金曜日

No. 40 メロンパン  動物パン




菓子パンの代表といえば
やっぱりメロンパン。


普通の丸いのはもちろん
カメロンと仲間たち・・・
かわいくて、楽しくて、おいしー!



中にジャムやクリームをつめたり、チョコチップをまぜても。

 
油脂少なめのクッキー生地で、カロリーオフなメロンパンです。

 
メロンパンのクッキー生地が余ったら、そのまま焼いてサブレ風クッキーに。

これも楽しみの一つ。




 
 <材料>
 【パン生地】
レシピNo.28の菓子パンの材料×1

【クッキー生地】
マーガリン 25g
さとう 35g
たまご 25g
薄力粉 100g
バニラエッセンス 3~6滴くらい

グラニュー糖 大さじ2くらい

 
※ フィリングもお好みで追加。

 
<作り方>

1 レシピNo.28の菓子パンの作り方を参照して、2次発酵まで行います。

2 2次発酵の間に【クッキー生地】を作ります。

① マーガリンを小皿に入れて、レンジ500Wで1~2分加熱して溶かします。

② 溶かしたマーガリンにさとうを加えて、はしでよくまぜ、さらにたまごとバニラエッセンスを加えてよくまぜます。

 


③ 薄力粉を入れ、はしでぐるぐるとまぜ、粉っぽさがなくなったらすぐストップ。




④ 直径10cm以上の平たいお皿にグラニュー糖を広げます。



⑤ クッキー生地を8等分して丸め


 ※ べたつく場合は、2~3分おいておくと扱いやすくなります。
 (夏はラップで包んで冷蔵庫で冷やすと良いです。)

  ひとつずつ手のひらでおして薄く広げ(直径約8cm、厚さ2~3mmくらい)



  グラニュー糖の上にのせて軽くおさえます


  こうするときれいにまんべんなくつきます。

  そっとひっくり返して、


  包丁で網目模様(深めに)をつけます。

3 2次発酵が終わってふくらんだパン生地の上にクッキー生地をそっとのせます。



  パン生地をつぶさないように気をつけて・・・

 写真は、動物パンと一緒に作っています。
 メロンパンは一番下の段の左端です。

4 予熱なし、170℃のオーブンで5分焼きます。


 
※ 応用 ※
<動物パン>

材料 上記メロンパンの材料

   +目にするレーズンやココア少量

 ※ フィリングもお好みで追加。


1 レシピNo.28の菓子パンの作り方を参照して、1次発酵終了、1回目の丸める作業まで行います。

2 1つの生地の1/3を切り取り、必要な手足や耳などのパーツを作ります。




※ 例 カメロンの場合
    あたま 1
     手足 4
    しっぽ 1




3 手足など体の下から出したい部分は、長くのばしてから、半分ほどを指でおさえて平たくし




  平たい部分を胴体の下にはさみます。

  ↑ カメロン


  ↑ ひつじ


  耳などは、丸めてから、つけたい場所にくっつけるだけです。

  ↑ くまは上の方に耳をつけます。

  ↑ コアラは横に耳をつけます。


  ↑ にわとりは、くちばしととさかをつけます。


  ↑ ライオンは、たてがみをつけます。
    横長の丸い形を8コまわりにくっつけます。


  レーズンで目をつける場合は、ここでつけます。


4 形ができたら、霧をふいて、予熱なしのオーブン100℃で5分、次発酵します。
(夏の暑い時は3分くらい)

5 2次発酵の間に、上記メロンパンの作り方を、参照して、クッキー生地を作ります。

  カメロンの甲羅やくまの鼻など、必要なパーツを作ります。

  グラニュー糖を忘れずに。

6 2次発酵が終わったパン生地に、クッキー生地をのせ






  ↑ くまは鼻と耳に。


 ↑ にわとりははねに。


 ↑ コアラは鼻に。




  ↑ ライオンは鼻に。



  予熱なし、170℃のオーブンで15分焼きます。



 焼けました~。
でもまだ目がありません。



  
  



  









冷めたら、ココアを少量の水で溶き、目を描きます。








7 余ったクッキー生地は好きな形に成形または型抜きし、グラニュー糖をつけて、180℃に予熱したオーブンで15分焼くと、サブレ風のクッキーになります。



  すぐに焼かない時はグラニュー糖を付けない状態で、ラップで包んで冷凍保存も可能です。


更新 20140315