2012年3月16日金曜日

No. 53 道明寺粉の桜もち




関西と関東では
形が違う桜もち。

ピンクのかわいい色と
桜の葉は共通しています。

私は長崎なので
桜もちといえば
まず思い浮かぶのは
道明寺粉の方。

春の足音が聞こえてくると
食べたくなります。





<材料> 直径約5cm×6コ(1コあたり約115kcal)

道明寺粉 130g
    水  200ml

食用色粉 赤 少々
色粉を溶かす水 少々

    好みの餡 100g
桜の葉の塩漬け 10枚


<作り方> 

1 冷凍餡の場合は解凍しておきます。

  桜の葉を1枚1枚はがし
  軽く流水で洗ってから
  水につけておきます。
  (塩分と安定剤をとるためです。)


2 レンジ対応容器に
  道明寺粉と水を入れ
  まぜて全体をなじませてから
  約5分おいて給水させます。

  ※ つぶつぶ感を残す時は
    給水後、ここで色づけをします。
    色粉は少量の水でといて加えます。


  ↓ 給水すると水分は見えなくなります。


3 ふたをのせるか軽くラップをして
  レンジ500Wで8分加熱します。

 
4 加熱している間に
  桜あんを準備します。

  桜の葉を軽くしぼって
  キッチンペーパーなどで
  水分をふき取ります。

  葉のうち4枚をみじん切りにして
  あんにまぜこみ、6等分にします。




5 もち生地をとりだし
  軽くほぐして、



  色粉を水でといて少しずつ加えながら
  好みの色とつぶつぶ感になるまでまぜます。


6 ラップに1/6量をとり
  ラップで包んで押さえ、
  あんより2まわりほど大きく広げます。


  あんをのせます。


7 ラップで包みながら形を整え




  桜の葉をまいて出来上がりです。






0 件のコメント:

コメントを投稿