2017年2月18日土曜日

No. 228 ゆでたまごとブロッコリーのピザ















こんな感じの味が
食べたいなーと思ったら
週末はアイデア実現の
クッキングタイム。

久しぶりに購入した
アンチョビを使いたいな。

冷蔵庫には
たまごとブロッコリー。

さてさて
どう組み合わせて
何にしようかなー。

いろいろ考えている間も
楽しいですよね。

今日はピザ。

クラッカーのような
ぱりぱりさくさくの生地。

アンチョビマヨネーズの
ソースをベースにして

ゆでたまごと
たっぷりのブロッコリーを
のせました。


アンチョビがこっそりと
ゆでたまごとブロッコリーの
うまみを引き立ててくれます。

週末のランチなら
コーラが合いますよ。



オリーブオイルは
サラダオイルでも可。
アンチョビやチーズの量は
お好みで増減して下さい。


アンチョビがない場合は
マヨネーズだけでもできますが
お好みでお醤油を少し混ぜると
よりおいしくなります。


オーブンが250℃まで
上がらない場合は
生地をのばした後、
210~230℃で5分程焼いてから
ソースと具材を載せて
210℃で8~10分焼くと良いです。


トッピングにベーコンやウィンナーを
追加するとボリュームアップ。



<材料> 直径25cm

強力粉 50g
水 大さじ2
オリーブオイル 小さじ2/1

アンチョビ(フィレ) 2枚
マヨネーズ 30g

たまご 1コ
ブロッコリー 100g

スライスチーズ2枚
またはピザ用チーズ35~40g



<作り方>

① 強力粉、水、オリーブオイルを
ボールに入れてはしで混ぜ
水分がなくなったら手でこねます。

まとまったらラップでふんわりと
くるんで常温で30分休ませます。

(夏など室温が高い場合は冷蔵庫へ)




②ゆでたまごを作ります。

たまごを小鍋に入れ
たまごが隠れるほどの水を入れて
強めの中火にかけます。

沸騰したら弱めの中火にして
8~10分ゆでます。

お湯をすて、たまごを流水で冷やします。

たまごを鍋の内側にうちつけて
水中で殻にひびを入れます。

殻をむいてから
6等分にします。

輪切りでもくし形でも
お好きな形で。


③たまごをゆでている間に
ブロッコリーを小房に分けて洗い
耐熱容器にいれて加熱します。
レンジ500~600Wで3~4分くらい。




④アンチョビマヨネーズを作ります。



アンチョビをみじん切りにして


マヨネーズとよく混ぜ合わせます。



⑤生地がしっとりと滑らかになり
指で押した跡が戻らず残るくらいになったら
30cmのオーブンシートにのせて

めんぼうで直径約25cmにのばします。


のばしたらオーブンを250℃に予熱します。


アンチョビマヨネーズを塗ります。
円周の1cmくらいは塗らずに
均一な厚さになるように塗るのがポイント。


オーブンシートにのせたままの生地を
天板にうつします。

ゆでたまごとブロッコリーをのせます。
チーズを全体にちらします。
スライスチーズなら手でちぎって。





⑥オーブンが
250℃に予熱できたら
210℃で8~10分焼きます。

チーズが溶けて生地が
好みの焼き色になればOKay。




できたてあつあつをどうぞ。

 

 















ゆでたまごとブロッコリーが
お好きな方はもちろんサラダもおすすめ。
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2016/09/no-191.html



アンチョビのピザがお好きな方は
アンチョビポテトのピザもおすすめ。
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/05/no-76.html



更新20170219

2016年12月11日日曜日

No. 227 野菜たっぷりのミルクスープパスタ



お野菜とミルクの
あったかいスープパスタ。

粉チーズを入れるのが私流。

お野菜はその時あるもので。
いろいろ入れると
よりおいしくなります。

基本的に薄味なので
味を濃くしたい場合は
コンソメや塩を
追加して下さい。



<材料> 1食分

パスタ 50~80g

お野菜 合計100~150g
ベーコン 1枚
水 100mL
顆粒コンソメ 小さじ1/2
牛乳 100mL
粉チーズ 大さじ1
粗びき黒こしょう 少々

お好みで塩 少々


<作り方>

①お野菜を準備します。

今日は
キャベツ
玉ねぎ
まいたけ
水菜
にんじんを
合計150g

根菜は2~3mmの厚さで
1cm角くらいに。

葉物は3cmくらいの長さに。




ベーコンは1cm幅に切ります。


②パスタをゆで始めます。

私は
パスタ50gに
水500mLで
レンジ500W10分。

最後にスープで
少し煮込むので
1分程短くゆでます。


③鍋に水100mL、
お野菜、ベーコンを入れ
ふたをして強めの中火にかけます。

沸騰したら火を弱めて
お野菜が柔らかくなるまで煮ます。



お野菜が煮えたら、コンソメ、
牛乳、粉チーズ、黒こしょうを
加えて全体を混ぜます。



ゆであがったパスタを加えて
再度強めの中火にし
ひと煮立ちしたら
すぐに火をとめます。

沸騰させすぎないこと。




 

 

 

 

 


No. 226 かぼちゃのカスタードタルト




さくさくのタルトに
かぼちゃのカスタードを
たっぷりのせて。

かぼちゃだけのクリームより
軽めで食べやすくなりました。

お気に入りのカスタードに
かぼちゃとゼラチンを加えて
いつものタルトにのせるだけ。

ゼラチンはクリームを
だれないようにする程度で
固くはなりません。

タルト生地や
カスタードクリームは
お気に入りのものを。

今回は
No. 65の卵黄入り生地を使用。


かぼちゃのカスタードクリームは
ゼラチンを加えずに作って
シュークリームやケーキにも。



<材料> 内径約14cmのパイ皿1枚分

☆カスタードクリーム(150g分)
砂糖 大さじ1~3
薄力粉 小さじ2
たまご 1コ
牛乳 100mL
バニラエッセンス 少々

ゼラチン 小さじ1
かぼちゃ 正味150g

☆タルト生地(1台分)
マーガリン 30g
砂糖 15g
卵黄 1コ
バニラエッセンス 少々
薄力粉 90g
ベーキングパウダー 小さじ1/3

タルト型の粉打ち用
マーガリンと薄力粉 各少々

トッピング用黒ごま 少々




<作り方>

①かぼちゃは可食部のみ
2cm角くらいに切り
水で表面全体を濡らして
ラップをかけてレンジ加熱し
柔らかくして熱いうちに
マッシャーかフォークなどで
つぶして粗熱を取ります。


②カスタードクリームを作ります。

レンジ可能な容器に
砂糖、薄力粉、ゼラチンを
入れて良く混ぜます。

たまごと牛乳を
合わせて良く混ぜ
少しずつ加えながら
良く混ぜます。

ふたなしで
レンジ500Wで
2分30秒加熱します。

取り出してすぐに
泡だて器で良く混ぜます。

バニラエッセンスと
かぼちゃを加えて混ぜます。



粗熱が取れたら
ラップをして冷蔵庫へ。




③タルト生地を作ります。

薄力粉とベーキングパウダーを
合わせてふるっておきます。

型にマーガリンを薄く塗り
薄力粉をまぶしておきます。


オーブンを180℃に予熱します。

ボールにマーガリンと
砂糖を合わせて良く混ぜ


卵黄とバニラエッセンスを
加えて良く混ぜます。


粉類を加えて
へらで切るように混ぜます。
混ぜ過ぎ注意。
粉の白い色が消えたらストップ。


トレイか台の上にラップを敷き
その上に生地を載せ
型よりひとまわり大きいくらいに
のばして型に載せます。


形を整えて
底にフォークで穴を開けるか


おもしを載せて


180℃のオーブンで
15~18分焼きます。

焼けたら型から外します。
(熱いので気を付けて)

 
 
 

 

 


④タルトの粗熱が取れたら
かぼちゃのカスタードを
入れて表面を均し
黒ゴマをトッピングして
冷蔵庫で1時間ほど冷やします。


 

 
 
 

 






タルト生地の参考レシピはこちら。

No. 15 アーモンドタルト
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/02/no-15.html

No. 35 フルーツカスタードタルト
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/02/no-35.html

No. 65 ジャムサンドクッキー
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/03/no-65.html





かぼちゃのカスタードの姉妹レシピはこちら。

No. 203 おいものカスタードシュー
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2016/10/no-203.html


2016年12月4日日曜日

No. 225 ベリーとココアのケーキ

 


ベリーやチェリーは
ココアやチョコレートと
相性が良い組み合わせ。

オーブンから
甘酸っぱい香りが
漂ってきたら
もう幸せな気分。

この香りがきっと
お菓子好きな皆を
食いしん坊に
してるんじゃないかな。

いつも通り
混ぜるだけの
簡単レシピ。


ベリーはフレッシュでも
冷凍でもあるもので。

今回は冷凍の
ラズベリーとブルーベリーを
使いました。

ミルクココア(調整ココア)に
既に砂糖が入っているので
生地に加える砂糖は
少なくしています。

甘さひかえめなので
お砂糖の量はお好みで
増減してください。




<材料>直径約14cmのパイ皿1枚分

お好きなベリー 合計100g

マーガリンまたはバター 40g
たまご 1コ
砂糖 15g
薄力粉 20g
ミルクココア 20g
ベーキングパウダー 小さじ1/4



<作り方>

①準備

ベリーは洗って

ざるにあげ
水気を切ります。

型にオーブンシートを
しいておきます。

薄力粉、ミルクココア、
ベーキングパウダーを
合わせてふるっておきます。



耐熱皿にマーガリンを入れ
ふたをするか軽くラップをして
レンジ500Wで30秒加熱します。
少しとけ残りがある程度で大丈夫。

冷ましている間に溶けます。




オーブンを180℃に予熱します。



②ボールにマーガリン、
たまご、砂糖を入れ


はしなどで良く混ぜます。




③粉類を加え


へらで切るように混ぜます。


練らないように。
粉っぽさが消えたらストップ。


ベリーを
キッチンペーパーにのせて
残りの水気をとってから
生地に加え
全体を軽く混ぜます。

ベリーが全体に散らばる程度。
混ぜ過ぎるとベリーが
崩れてしまうので注意。


④型に入れて


180℃のオーブンで
25~28分焼きます。

途中焦げそうなら
アルミ箔をかぶせます。

竹串をさして
液状の生地が
ついてこなければ
焼き上がり。



焼きたてはまだ
生地が落ち着いていないので
常温に冷ましてからどうぞ。

 
 



 

 
 粉糖でおめかし。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 





No. 224 かぼちゃとごまのクッキー




かぼちゃの黄色の
あったかい感じが好き。

黒ごまの香ばしい香りが
良いアクセント。

素朴なお菓子で
ほっこりする
ひとときを。


甘さ控えめです。
お砂糖の量は
お好みで増減してください。

たまご不使用。

牛乳は水だけでも可。
私は水+スキムミルクで。

今回は型ぬきにしましたが
手で丸めてつぶすだけでも
簡単にできます。


ベース生地のさくさくクッキーはこちら。
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/02/no-13.html






<材料>約4cmの型25~30枚くらい

かぼちゃ 正味50g
マーガリンまたはバター 20g
砂糖 20g
牛乳 小さじ2
黒いりごま 大さじ1/2
薄力粉 60g
かたくり粉 10g



<作り方>

①準備

天板にオーブンシートをしいておきます。

トレイか台の上にラップをしいておきます。

薄力粉とかたくり粉を
あわせてふるっておきます。




②かぼちゃは可食部のみ
2~3cm角に切って
水で表面全体を濡らし
ラップをしてレンジ加熱し
柔らかくします。

熱いうちに
マッシャーやフォークなどで
つぶしてお皿に広げ
粗熱をとります。





③レンジ可能容器に
マーガリンを入れ
ふたをするか軽くラップをして
レンジ500Wで30秒加熱します。

少しとけ残りがある程度で
大丈夫です。




マーガリン、砂糖、かぼちゃ、牛乳を
合わせて良く混ぜます。




オーブンを180℃に予熱します。



④粉類のボールに
かぼちゃ生地とごまを加え


へらで切るように混ぜます。

練らないこと。

粉の白い色が見えなくなったらストップ




⑤トレイか台の上にしいたラップの上に
生地を取り出します。



ラップを15cm角になるように
わ以外の端を向こう側に折ります。

めんぼうで生地をのばします。
5mm以下の厚さになるように。



お好きな型でぬいて
オーブンシートに並べます。





⑥180℃のオーブンで
13~15分焼きます。


焼き上がりはまだ
柔らかいので
冷めてからどうぞ。

さくさくです。